給与の仕訳・会計処理

仕訳ぶっく

仕訳ぶっく >> 勘定科目一覧表 >> 給与の仕訳

◆給与の仕訳・会計処理

◆給与の仕訳・給与手当とは?

 給与手当とは、従業員などに労働の対価として支給される「給与」及び「諸手当」の事です。

 給料手当は、営業活動に関わる営業社員や経理などに従事する事務社員などの給料や賞与を処理する科目です。

 尚、工場労働者など製造に関わる従業員の給与・手当ては製造原価として扱われる為、賃金として処理します。

■給与の英語読み(会計用語)
Payroll
Salary

◆決算書(財務諸表)における給与の表示科目

【決算書の表示区分】
損益計算書の勘定科目
PL(プロフィット&ロスステートメント)
貸借対照表の勘定科目
BS(バランス・シート)

 給与の仕訳は決算書(財務諸表)の中の損益計算書に区分される勘定科目の一つです。

【勘定科目の区分】
資産
負債
純資産(資本)
収益
費用

 また、給与等の賃金に関する勘定は「費用の部」に区分され、未払い給与は「負債の部」に区分される勘定科目です。

未払い給与は費用?負債?

◆給与の仕訳例

給与の仕訳事例
今月分の従業員の給与400,000円を会社の普通貯金口座から支払った。その内、源泉所得税4万円、社会保険料2万円、厚生年金保険料1万5千円、住民税7000円は給与から天引きしている。
借方科目金額貸方科目金額
給料手当400,000円普通貯金318,000円
  預り金82,000円